HOME>オススメ情報>無血清培地の販売企業と製品について知っておきましょう

無血清培地の価格について

製品により数万円の幅がありますので、別途企業に問い合わせることをおすすめします。メーカーにより価格表がのダウンロード可能です。

無血清培地を販売している企業と製品

コージンバイオ KBM Fibro Assist

血清添加培養と同程度、ヒト心筋周辺の繊維芽細胞の培養も可能。

コージンバイオ Neural Stem Cell

神経幹細胞(ヒトiPS細胞由来)や神経細胞の研究に使用可能。

関東化学株式会社 STKシリーズ

間葉系幹細胞用 無血清培地。優れた増殖性、高い分可能。

極東製薬工業株式会社 K-110 Type-I

表皮角化細胞無血清培地。正常ヒト表皮角化細胞の培養。

コージンバイオ NHEK-XF

正常ヒト表皮角化細胞無血清培地。表皮角化細胞の生存率向上。

血清を含まない動物細胞培養用培地とは

顕微鏡

無血清培地とは、血清を含まない動物細胞培養用の培地のことです。一般的に動物細胞を培養するときには、培養液に5〜20%程度のウシの血清を添加して増殖因子の成分を補っていることが多いのですが、実は血清には、500種類以上のタンパク質が含まれていると言われています。その中には未だよく解明されていない未知の成分も含まれているのです。動物細胞に作用することを確認するための実験では、分子レベルでの研究が必要となりますが、血清に含まれているこうした500種類以上の成分が少なからず邪魔することもあります。また、細胞から産生された物質の単離や剥離を難しくすることもわかっているので、無血清培地の開発や研究が行われました。現在では、細胞種に応じた様々な無血清培地が開発され、利用されています。

血清の効果を置換している

男女

一般的に血清は、ホルモンや細胞成長因子の供給、細胞の培養器壁への接着性を促すといった働きがあります。無血清培地では、こうした血清による効果が期待できないので、血清を種々の成長因子や接着因子、血清アルブミンなどと置換した培地を選択して、培養が行われています。

多くの種類から適切な培地を選択して使用

顕微鏡

血清を適切な栄養成分やホルモンで置き換えた無血清培地では、使用されている成分が明確なので、動物血清を使用した際に生じる問題を回避することができます。ハムスター卵巣細胞の遺伝子組換えタンパク質産生細胞系、昆虫細胞系、ウイルス生産の宿主となる細胞系など多くの無血清培地があり、適切な成長因子の組み合わせを選択できます。無血清培地を使用すると、動物血清に左右されない一貫性のある評価が可能です。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中